【写真詩 1394】君の光 







照らしてくれたのは




照らしてくれたのは
僕の背中

心が嘘を吐く度に
それを見抜いた
君の光

どうかまだ
見抜くままで居て




  
関連記事


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
 
ランキング参加中です 応援クリックをお願いいたします
Please click this banner if you like this post.



↓宜しければ「拍手」ボタンをぽちっとクリックして応援して下さい!
他の皆様のおススメに反映させて頂きます。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shunfinder.blog37.fc2.com/tb.php/1539-bc80fd8c