【写真詩 1338】木枯らし一号 




写真詩_覚束ない足元


覚束ない足元が

秋を踏みしめ
秋を乗り越え
秋を忘れず

進んでゆけますように






 
関連記事


にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
 
ランキング参加中です 応援クリックをお願いいたします
Please click this banner if you like this post.



↓宜しければ「拍手」ボタンをぽちっとクリックして応援して下さい!
他の皆様のおススメに反映させて頂きます。




コメント

生死をさ迷った自分が、仕事が日々人の生死に対面している不思議。
元気な頃には疎かになっていた「今を踏みしめ」ることは出来初めました。
けれど、「乗り越える」強さは永遠に未完成かもしれません。笑

冬至も到来しました。
瞬さんも体調を崩されませんように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shunfinder.blog37.fc2.com/tb.php/1480-d7e10c82